> 車を乗り替える時に、最も得する売却方法は下取りと買取りとどっち?

車を乗り替える時に、最も得する売却方法は下取りと買取りとどっち?

一頃は車の買い替えというとほとんどがディーラー下取りでした。もちろんその時代でも買取はあったのですが、下取りのほうが段違いに多かったのです。それは査定価格が双方でそれほど変わらなかったということもあったでしょう。
それが昨今では買取をして車を買い替える人が増えてきたのです。
これはひとえに買取のほうが結果的に得をするということからそうなったのですが、それでしたら下取りはどんどん廃れていくのでしょうか。
実は下取りのほうが得なケースもあり、買取のほうが得になるケースがあるというまさにケースバイケースです。
ですから全てのケースで買取のほうがお得になるということではありません。
下取りは年式が重要で7年落ちになると査定がゼロになるのはよく知られています。
それでは下取りのほうが不利なのでは・・と思う人もいるでしょう。
長く乗っていたら下取りはしてくれないので買取業者に売却するほうが多少でも値段がつくので得になります。
しかし年式が7年以内でしたら、下取りのほうが安定した査定価格になります。
買取のほうはそのときの時価になりますから人気車であればオークション相場などでびっくりするくらいの高値になることもあります。逆に人気のない車になると本当に二束三文のような買取査定になるのです。
ですからそのような時価相場に惑わされない下取り査定のほうが安心という声も多いので、買取がいいとか下取りのほうがいいということは一概には言えません。
乗り換えを考えるとき、まずは自分の車の価値はどのくらいなのかを知った上で下取りあるいは買取をしてもらうといいでしょう。
そのためには中古車の一括査定サイトで自分の車の買取査定額を知ることが大切なのです。
簡単な車の状況を入力するだけで多くの買取業者が買取査定額を提示してくれます。それが下取り査定の試金石になることもありますので、まずは自分の車の客観的な価値というものを一括査定サイトで把握しておきましょう。