> 中古車を購入する時の走行距離の目安はどれくらい?

中古車を購入するときの走行距離の目安はどれくらい?

車の走行距離は少ないに超したことはないのですが、中古車市場などで年式が5年で走行距離が数千キロというのはある意味目玉として売り出されることがあるのですがこういった車は逆に何かあると考えたほうがいいかもしれません。
今はそんなことはないのですが、昔はエンジンの調子が悪い車でも格安車として平気で販売されていた時代もあるのです。
エンジンもある程度回して初めて本来の調子になります。走行距離も数千キロということでしたら慣らし運転が終わったくらいということも考えられます。
ですからエンジンにも熟成が必要ですから走行距離が少ないから良い車だということでもないのです。
逆に10万キロ以上走っている車のほうが実績としては安心かもしれません。
もっとも耐久性ということを考えると10万キロも走っていると部品の老朽化なども考えられます。
それでは間をとって5万キロくらいがいいのでしょうか。
基本的に通勤で使う車、あるいはたまの休みにレジャーで遠出をする車など中古車のタイプは様々です。
ですから走行距離では通勤で使う車とたまのレジャーの遠出の車とは走行距離は一緒でもタイプは全く違う車となるのです。
出来れば中古車の前のオーナーがどのように車を使っていたのかを知ることができればいいのですがそれも難しいでしょう。
新車を購入する場合ではまっさらな状態から自分の色に車を染めていけばいいのですが、中古車の場合は前のオーナーの癖というか色が色濃く残っているものです。
それを押して購入するわけですからその車に馴染んでいく努力をしていかなくてはいけません。
もっとも数週間もすれば自分色の車になっていくことでしょう。
中古車に走行距離の目安というものはありません。
あるとすれば1年で1万キロという目安でしょうか。
このくらいの走行距離は妥当だと言えますから、これを目安にするとよいでしょう。

それでもあくまでも目安です。中古車は実際に乗ってみなければわからないところがあります。
新車の場合は1万キロ保証などがありますが、中古車の場合はぐっと少なくて千キロあるいは3千キロといったところです。それでもそのくらいはできるだけ早く走破して中古車の癖やエンジン音などもチェックしておきたいところです。
実際に問題なければ中古車も安心して乗ることができるのです。